読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺色のひと

思考整理とか表現とか環境について、自分のために考える。サイドバー「このブログについて」をご参照ください

眠ってくれるとありがたい

生活

娘・マチ子が生まれて一ヶ月。妻も実家から帰ってきて、三人と一匹の生活が始まった。一ヶ月検診では「おとなしいいい子ですね」とのコメントを頂戴したと聞いたが、他の赤子と生活した経験がない僕にとっては、マチ子の夜の泣き声はなかなか堪えるものがある。子守唄がわりに「早く寝てくれるといいなあ」と口ずさんでいたら、いつの間にか歌になっていた。



彼女は「夜泣きをしないほう」であるらしい。三時間おきの授乳に加え、なかなか寝付かない子との生活を繰り広げられてきた世のお母様方の努力と苦労はいかほどのものであっただろうか。ただただ頭が下がる。僕もせめて妻の負担を減らせればとあやしてみるのだが、上手くいくことはあまり多くない。どこかで聞いたようなメロディで鼻歌をうたったり、ウルトラマンの歌をマンから順にうたったり(このときは新マンで眠った)、スペースコブラの歌をうたったり(歌っているうちに僕が興奮してきた)、西城秀樹メドレーをうたったり(僕が興奮して以下略)してみる。
井上陽水の影響なのだろうか、適当に口ずさんでいるときはマイナー調になることが多いのだが、たまたま口ずさんでいたものがそれっぽくなったうえ、マチ子がすんなり眠ってくれたので、記念として残しておくことにした。


題して「眠ってくれるとありがたい」。




眠ってくれるとありがたい
作詞作曲:アサイ


子どもは泣くのがおしごとで 寝る子は育つと言うけれど
できれば夜には泣くのより 眠ってくれるとありがたい


かあさん今夜も寝不足で 夜にはゆっくり眠りたい
とうさん明日も出張で 夜にはゆっくり眠りたい


君には泣くのも眠るのも 自由とわかっているけれど
できれば夜には泣くのより 眠ってくれるとありがたい


眠ってくれるとありがたい


部屋の灯りが暗いのは仕様である。次は森山直太朗リスペクトな「起きてることがつらいなら」を歌いたい所存である。
起きてることがつらいなら いっそ激しく泣けばいい……

広告