読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺色のひと

思考整理とか表現とか環境について、自分のために考える。サイドバー「このブログについて」をご参照ください

m&m'sの食べ方おしえます

生活


僕はチョコレートが大好きだ。チョコと名のつくものなら大抵好きだけれど、特に好きなのはコストパフォーマンスの高いものだ。安く買ってたくさん食べたい、なるべくなら何度も口に運びたい。貧乏性で結構、長く楽しみたい。そんな僕にとって、「お口でとろけて手でとけない」でお馴染みのm&m's(エムアンドエムズ)は、コストパフォーマンスはそれほど高くないものの、数の多さから幼少の頃より親しんできた商品。先日、妻と一緒にこのチョコを食べていたところ、僕の食べ方がおかしいと指摘されたので、解説を試みた。


きまりごと その1.色と数を把握する

とりあえず、m&m'sを用意します。近所のコンビニにもスーパーにも売っていなかったので、輸入モノを取り扱う食品店で購入しました。


開けてみましょう。ちょっと明るい感じですね。僕の記憶では、いつも茶色が多かったような…。


分かり易くするために、色ごとに分けてみました。


数えてみると、このとおり。青とオレンジが一番多いなんて、ちょっと珍しい袋です。ともかく、これで袋の中身が分かりました。ここで数えた色が、食べる順番を大きく左右することになります。


きまりごと その2.食べる順番を守る

数の多い順番に並べ替えてみました。青・オレンジ→赤→緑→茶色→黄色 の順に数が少なくなります。


食べるときに守るべき「きまりごと」でもっとも重要なのは、「一番多い色から食べる」ことです。この袋の場合、青とオレンジが最も多いので、このふたつから先に食べます。「一番多い色」が数色あるときはお好きな色からどうぞ。
あ、写真右上に写っているのは、先日観光地で衝動買いしたヒグマのマグネット、「くまのユーさん」です。某クマ愛護団体に関する批判エントリが多いからといって、僕はクマブロガーでもなんでもないのですが、かわいいのでつい買ってしまいました。わたし道民なのにこんなおみやげ買っちゃうなんて…クマしい……(ビクンビクン)
ともかく以後よろしく。


さて、ユーさんには多いほうから食べてもらうことにしましょう。最初は青とオレンジから。1コずつ食べます。


ここで、一番多い色が青・オレンジ・赤の3色になりました。


次は、青・オレンジ・赤の3色を食べます。

次の茶色と残りが同じ数になるまで…


そろそろお気づきのことと思いますが、この食べ方の最終目的は「最後にすべての色を残すこと」にあります。あくまで目的であって、そこに何らかの意図があるわけではありません。


ついに5色が同じ数になりました。


このあたりで既にm&m'sの味には少々飽きてきていますが、大丈夫、色をそろえることに夢中で口の中のしつこい甘さも気になりません!


さあ、最後の1コずつ! あとはなにも考えずに食べるだけです。好きな色から食べるもよし、残したい色を気にするもよし! 僕はいつも茶色から食べて、


最後の1コ! いただきます!


以上、僕のm&m'sの食べ方でした。まとめると、

  • 最初にすべての色の数を把握する
  • 一番数の多い色から1コずつ食べてゆく
  • 「一番数の多い色」が複数あるときは、その中で順番を決めてよい
  • 最終的にすべての色が残るようにする

です。
僕はこの食べ方を妻にとくとくと説明したのですが、妻は「誰が決めたの?」「なんでそんなことするの?」ととんちんかんなことばかり。「これはそういうものなんだよ!」と言っても理解してくれません。
…ていうか、この食べ方、みんなやってるものじゃなかったの? いやそれ以前に、僕はこの食べ方をいつどこで決めたというのか…覚えていません……



応用編 その1.マーブルチョコ

これと同じ食べ方を適用できるお菓子があります。冒頭の画像でも登場していますが、明治「マーブルチョコ」がそうです。


それっ、開封。m&m'sよりもピンクと水色が多い分、色分けのし甲斐がありますね。


さぁ、もう皆さんも説明抜きで食べられますよね?
…そう、オレンジ→オレンジ・赤→オレンジ・赤・ピンク・茶・黄→オレンジ・赤・ピンク・茶・黄・緑・水色 の順で食べればよいのです。


くまのユーさん、ユー横丁にたった家。あ、プーさんの絵本読みたいな。



応用編 その2.プチプチうらないチョコ

もうひとつ、高度な応用を紹介します。駄菓子の中のチョコレートの王様、「プチプチうらないチョコ」! この商品は、チョコが入っている部分ひとつひとつに「しゅくだい」「れんあい」「ねがいごと」など若者が気になることが書いてあり、プチッと抜いた裏の○や△などの記号如何でその展望が占えるというスグレモノなのです。


まず売り場で目に付いたパッケージを手に取り、一番多い色からプチプチ抜いて食べます。このとき、「うらない」の内容については気にせず、目に付いた色からプチプチと抜くのがポイント。


そのまま一気に、すべての色が一色ずつ残るまでプチプチと抜いてしまいます。最後に残った4色の「うらない」結果が、今日のあなたの運勢なのです!

えーと僕は、

  • 「にんき」→○
  • 「あそび」→△
  • 「ともだち」→○
  • 「なやみごと」→×

となりました。
なやみごとが「× よくない」と出たのは気になりますが、それはともかく。
皆さんも、m&m'sやマーブルチョコを見かけたら、ぜひこの食べ方に挑戦してみてください。「なんでこんなことやってるのだろう?」というバカバカしい気持ちになることうけあいです。僕はこの食べ方に一切疑問を持っていませんでしたが、妻に説明を求められ、こうしてまとめてみた今になって、なぜ自分がこんなことを20年近くも続けてきたのか本気で不思議に思っています。もちろんこれからも続けますので、皆さんもなんの疑問も抱かず、「これはこう食べるものだ」とご自分に言い聞かせながら語り伝えていって欲しいと思います。

広告