読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺色のひと

思考整理とか表現とか環境について、自分のために考える。サイドバー「このブログについて」をご参照ください

生き急げ、と思ったこと

ここ数ヶ月の不調、仕事や生活の細かいところで躓く原因が明らかにできたと思う。おれが、積極的に安定を求めていたせいだ。
なるべく楽なやり方で、なるべく平和に、なるべく波風を立てないように、と。穏やかに生活することを目指していたつもりだった。それは悪いことではないと思うし、そうやって生きてゆければどんなに嬉しいだろう。
しかし、しかしだ。今のおれには、そうやってゆくのは多分にストレスで、いろんなところでほころびが出てくるから、うまく行っていない――少なくとも現段階では――そんな気がしている。
はっきり言おう。おれはもっと生き急いでいるのがいい。全力で、あるいはそれに近い馬力で、そうじゃなければ平気な顔で我慢せずにこなせる程度に、力の配分を意識することなく、それでいて焦燥感に駆られながら、足掻いて生き抜いているのがいい。その先に訪れるのが安寧なら、それを喜んで受け入れよう。ただ、今は違うのだと思う。平穏を求めるあまり、平穏に暮らそうとするあまり、あまりに多くのことを疎かにしすぎた。手段と目的が逆になっていたのだ。
スローライフは墓場まで取っておくとして、目の前にあることをがむしゃらにこなそうとすることで得られるモチベーションを生活に還元するくらいでいいのだと、今はそう思うようになっている。

前へ
前へ
向かい風の中
今日の向こうが
何も無きにせよ
風を漕ぎだせば
僕は戦ぐはず

クラッシュ・イン・アントワープ「戦ぎの手紙」