読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺色のひと

思考整理とか表現とか環境について、自分のために考える。サイドバー「このブログについて」をご参照ください

夏と時間

いつの間にか夏である。サミットによる警備が物々しい街中も、半袖で外を出歩ける夜も、じっとりと滲む額の汗も、これでもかというくらいに夏である。
時間の経過を感じる。友人の婿入りの報せに、「お前も三年目か」という上司の言葉に、人ごみで酔うこともなくなった身体に、振り返ることなくとも時間の経過を感じるのだ。
生きている気がする。