読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺色のひと

思考整理とか表現とか環境について、自分のために考える。サイドバー「このブログについて」をご参照ください

「働けよ」

僕はサラリーマンだ。会社に属し、仕事をして給料をもらっている。明確にプライドと呼べるものがあるわけではないけれど、仕事に対する心構えというか、自分なりに考えることはある。
たとえ専門がなんであれ、専門職なんてものはその分野が好きでないとやってられないよな、という話を上司とした。僕程度の人材なんて替えはいくらでも聞くし、僕でなければならない理由なんてどこにもない。おそらく社にいるほとんど全ての人間がそうだ。だからこそモチベーションを維持するためには「自分がこの仕事を続けている理由」という問いに対する答えが必要不可欠で、仕事が好きだというのはその大前提にあって然るべきものだ、という意見が上司と一致した。仕事内容に文句があるなら辞めるべきだし、組織を辞めるのが嫌なら文句を言わずに働くか、文句を言っても許される程度の力や位置を示すべきだ。わぁ、おれ社畜。もちろん好きでない仕事を続けること自体に文句のあろうはずはないけれど(そもそも他人のことにあれこれ言うこと自体おかしいし)、文句を言うならやることやってから言えよ、と思う、思うだけだ。
幸いにして僕も上司も好きでこの仕事を選んでいる。けれど残念ながらそうでないひともいて、そういうひとに限って会社組織や上司や仕事内容にぶつぶつと文句を言ったり、資格試験もあれこれと言い訳しながら受けずにやり過ごしてきていて、それでも毎日会社に通ってきているのは、好きでもないのにある程度身につけてしまった技術でしか日銭を稼ぐことができない自分に諦めを抱いているのかなと思い、不謹慎にも哀れだと感じた。軽蔑しさえする。
ただ、下っ端中の下っ端である僕にとってはそういうひとも先輩にあたるから、組織の中でやってゆこうとする僕はそんなことを考えてもまさか態度に出したりなんてしないように心がけるけれど、思わず彼のメンタリティが露になった卑屈な態度を見て舌打ちをしそうになったり、うっかりため息をつきそうになって慌てて押さえ込む。感情をぶつけてしまいたい。ねぇ先輩、入社3年目、ペーペーのおれに、おれ程度にこんなこと思われてちゃ駄目でしょ? あんた後輩に使えねぇって思われてんだよ? 悔しくないの? いや、悔しいとか感じないからそんな疑問すら抱かないのはわかってるんだけどさ。それは鈍感力じゃなくて、ただの間抜けですよ。
苛立ちを言葉にすることで気持ちを整理するんだ、と言い聞かせる。陰口にならないよう、顔に出さないよう。これは言葉に八つ当たりしてることになるんだろうか。残業中のイヤホンを耳に強く押し込んで、意識を分散させた。みやもとさん(id:purabans)のとこで紹介されてた最新音楽配信サービスを学ぼう!をひたすら聞いている*1。ラブ、ラブ、、、、。

*1:僕宛でないことなんて百も承知だけれど、教えてくれて本当にありがとうございます。毎日毎日聞いて口ずさんでいます。