読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺色のひと

思考整理とか表現とか環境について、自分のために考える。サイドバー「このブログについて」をご参照ください

メガネのその他の性癖について

amazon先生のおすすめ能力については恐怖した方も多いと思うのだけれど、僕は恐怖というよりも「ちげーよ!そんな萌え漫画読まねぇよ!」と感じることが多くて、往々にして憤慨気味なのであった。昼休み、どれどれとチェックしてみると、こんなのがおすすめ本として挙げられていた。

眼鏡なカノジョ (Flex Comix)

眼鏡なカノジョ (Flex Comix)

めがねのひと (ジェッツコミックス)

めがねのひと (ジェッツコミックス)

ちょっと! いくらなんでもこれはないでしょ! そもそもおれメガネ本をamazonで買ったことなんてないよ!古本屋ではあるけど! なのにどうしてわかったの! しかも「めがねのひと」っておれが日記タイトルで使いそうだよ! 混乱と我慢できない感が高まった僕は、とりあえず本屋に走りました。「めがねのひと」だけなかった。ちくしょう。恋人の職場の近所に大きいお友達向け在庫が豊富な本屋があるので買ってきてもらうのも面白いな、と思ったのだけれど、このセクハラはおれが横にいないといまいちだなぁ。

あと蛇足になりますが、僕が貧乳でしか興奮しないと思われている方がなんぼかいらっしゃるようで、ちょっと心外です。いや好きだけど。